出産祝いにいただいた名入れタオル

昨年、第一子となる娘を出産しました。友達や会社の同僚らからたくさんのお祝いの品をいただきました。洋服やブランケット、簡単なベビーベッド、離乳食用の食器など、可愛らしい物をたくさんいただいた中でも、特に私が嬉しかったのは、子どもの名前が入ったタオルでした。自分で買うことは無いだろうし、娘の名前が入っている特別なタオルと感じたからです。そのような名入れタオルは、成長して幼稚園や保育園などの集団生活に入っても活躍することと思います。マジックで名前を書くよりもとっても可愛らしいですよね。まだ娘は1歳になったばかりですが、外へ遊びに行く時などに持って行ったりしています。普通のタオルを使うよりも、親の気持ちもテンションが上がります。娘のためにわざわざこれを送ってくれたその贈り主の気持ちを考えるととても嬉しく思いました。


自分の名入れタオルをもらって感動しました。

ある街のハーフマラソン大会に参加しました。当日の2日前まで走る練習を続けて、当日になっても足の筋肉が張っているような感じがしましたが、湖の周りを走るので風景がとてもきれいで気持ちよく走ることができました。その大会では、音楽の演奏や、ダンスなどがコースの行く先々で披露されており、ランナーを楽しませてくれました。私はゆっくりと走っており、途中給水場で水を飲んだりして、自分のペースを保っていました。ゴール間近になるところで、私の妻が私を見て頑張ってと応援してくれていたのです。とても嬉しくなり、最後は力を振り絞って、前に走っていた人を何人も抜かしてゴールしました。私と妻がゴール先で抱き合っていると、マラソン大会の係の人が私に参加者に全員プレゼントされる名入れタオルをくれました。そこには、マラソン大会の名前と日付、そして私の名前が大きく書かれていたので驚きました。私はそれからずっとそのタオルを大事に使っています。


結婚式の引出物として刺繍の名入れタオルが好評

5月に結婚式を挙げた会社の後輩から、結婚式の引出物に何が良いかという相談を受けたことがあります。引き出物をいろいろと頂いた自分の経験談から、実用品が良いと考えてタオルの引き出物はどうかと提案しました。タオルであれば軽くて持ち帰りも楽々です。しかし、引き出物として何か個性的にした方が良いと考え、好きな花と名前入れたらどうかと進言しました。二人はいろいろと相談した結果として、花言葉が「お似合いの二人」のデンファレの花を刺繍し、自分たち二人の名前もローマ字の装飾文字にした名入れタオルを用意したのです。デンッファレは薄紫色のランで、ローマ字の装飾文字とよく合います。このようにして出来上がった引き出物は、結婚式出席者の間でも好評を博しました。軽くて帰りが楽だった、実用品で日常使える品物で良かった、花と文字の刺繍がおしゃれで良かったとのメッセージが寄せられたそうです。こちらも適切なアドバイスが出来て良かったと胸をなでおろした次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*